当ページにはプロモーションが含まれています。

トリリオンゲームのあらすじと見どころ全話 目黒蓮がワガママ男に変身!

ドラマ「トリリオンゲーム」全話あらすじ

「1兆ドルあれば、この世のものはいつでもすべて手に入る!」」

2023年7月14日から始まったTBSテレビの金曜ドラマトリリオンゲーム。あなたはもう観ましたか?

主演はSnow Man目黒蓮。その相棒を佐野勇斗が演じます。

ストーリーは、「世界一ワガママな起業家・ハル(目黒蓮)と、気弱なコンピュータの天才・ガク(佐野勇斗がビジネスを立ち上げ、1兆ドルを稼ぐという夢に邁進する」というもの。

目黒蓮っぽくない?ギラギラしたキャラ設定に期待感が高まりますが、この先どんな展開が待っているのでしょうか?

この記事では、トリリオンゲーム全話のあらすじや見どころを紹介していきます。

第1話、第2話と、ストーリーの進行に合わせてリンク先の記事が増えていきますので、楽しみにしていてください。

それではさっそくどんなお話なのか、チェックしてみましょう。

目次

ドラマ「トリリオンゲーム」あらすじと見どころ:目黒蓮と佐野勇斗がゼロから世界を目指す!

ここでは、トリリオンゲームの主要な登場人物やドラマのおおまかな内容を伝えします。1話ごとのあらすじを読む前に予習・復習したい方は、こちらを読んでくださいね。

ストーリーの流れは次の通り。

トリリオンゲームの主人公、ハルガクは、中学時代に出会った友人同士。

明晰な頭脳、最強のコミュ力、そして大胆で超ワガママな性格の持ち主・ハルは、気弱なコンピュータおたくのガクの能力に目をつけ、ある野望を抱きます。

「それは、一緒に起業して1兆ドル(トリリオンダラー)を稼ぎ、この世のすべてを手に入れる」という野望です。

まず彼らはスタートアップ(=ベンチャー企業)の立ち上げにとりかかり、資金を提供してくれる投資家を探します。

そこでハルが繰り広げる奇想天外な作戦がひとつの見もの。

その中で、日本一のIT企業ドラゴンバンクのやり手専務、桐姫(今田美桜)が彼らに巨額の投資を持ちかけますが、ハルと桐姫のワガママがぶつかって話がまとまりません。

謎の投資家、祁答院一輝(吉川晃司)もからんできます。桐姫と祁答院の間にも、何やら因縁がありそうです。

ハルたちと、桐姫や祁答院との関係性がどう変わっていくかも、見どころのひとつです。

そしてハルとガクは、新入社員・凜々(福本莉子)を加えてトリリオンゲーム社を立ち上げます。 彼らは知恵と度胸でさまざまな難題をクリアしながら、ビジネスの世界でのし上がっていくのです。

ドラマ「トリリオンゲーム」 キャスト

出演者&登場人物

出演者
目黒 蓮(Snow Man)、佐野勇斗、今田美桜、福本莉子、竹財輝之助、吉川晃司、國村 隼 ほか

登場人物
ハル/天王寺陽(てんのうじはる)(目黒 蓮)……世界一ワガママな男。

ガク/平学(たいらまなぶ)(佐野勇斗)……気弱なパソコンオタク。

黒龍(こくりゅう)キリカ(今田美桜)……ドラゴンバンク専務。通称桐姫。

高橋凜々(福本莉子)……「トリリオンゲーム」社初の新入社員。

祁答院一輝(けどういんかずき)(吉川晃司)……謎の社長、投資家。

黒龍一真(こくりゅうかずま)(國村隼)……ドラゴンバンク社長、キリカの父。

ドラマ「トリリオンゲーム」のSNSでの評判

Keiko

「目黒蓮あまりにもハル」……めっちゃ期待が高まりますね。

Keiko

目黒蓮さんの微妙な表情の変化、ホントにすごいです!

ドラマ「トリリオンゲーム」全話のあらすじや口コミ、感想

第1話のあらすじ・口コミ評判・感想
第2話のあらすじ・口コミ評判・感想
第3話のあらすじ・口コミ評判・感想
第4話のあらすじ・口コミ評判・感想
第5話のあらすじ・口コミ評判・感想
第6話のあらすじ・口コミ評判・感想
※記事完成後にリンク設置します。しばらくお待ちください。

ドラマ「トリリオンゲーム」の主題歌

トリリオンゲームの主題歌は、Snow Manの新曲「Dangerholic(デンジャーホリック)」。

ドラマのために書かれたダンサブルなロックンロールナンバーです。発売日は9月6日(水)です。 こちらで視聴することができます。

music.jp

放送情報と見逃し配信

TBSテレビ毎週金曜日 夜10時~(7月14日放送開始)
見逃し配信TVer ほか

まとめ

「トリリオンゲーム」は、正反対のキャラを演じる目黒蓮と佐野勇斗のコンビネーションが魅力のドラマ。

それぞれの持ち味を生かした大胆不敵な作戦や、今田美桜や吉川晃司らが演じるひとクセもふたクセもある登場人物、ストーリーに見え隠れする日本社会へのメッセージなど、見どころが満載です。

この番組の主題歌、Snow Manの新曲「Dangerholic(デンジャーホリック)」も話題になっています。 世の常識を蹴散らして、夢に向かって突き進むハルとガクの姿は、私たちにワクワクと勇気を与えてくれることでしょう。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko 編集者・ライター

雑誌記者歴10年以上、書籍制作で発行部数150万部超の編集者・ライターです。テレビドラマや映画、音楽、タレント、俳優、アーティスト等の気になる話題など、私のアンテナが反応した情報をお届けします。

目次