当ページにはプロモーションが含まれています。

「トリリオンゲーム」第1話のあらすじネタバレ!目黒蓮のハルが面白い

トリリオンゲーム第1話

私、彼らのこともっと欲しくなっちゃった

深紅のドレスに身を包み、瞳を輝かせた桐姫(今田美桜)がつぶやく……。

ドラマ『トリリオンゲーム』第1話では、中学時代の同級生だったハル(目黒蓮)とガク(佐野勇斗)が就職活動で再会し、1兆ドルの夢に向かって走り出すところまでが描かれています。

世界一ワガママな男・ハルと、パソコンの腕は天下一品のガクは最強のコンビIT企業ドラゴンバンクの社長令嬢・桐姫は2人の可能性に気づき、彼らを自分の支配下に置こうとします

ハル、ガク、桐姫の関係はこれからどうなるのか?そして新たにからんできた投資家・祁答院(けどういん)(吉川晃司とは?

この記事では、「トリリオンゲーム」第1話リアルなあらすじ(ネタバレあり)、見どころ、口コミや基本情報などをお伝えします。

記事を参考に、1度と言わず何度でも「トリリオンゲーム」の楽しさを味わってください!

目次

第1話あらすじ(ネタバレあり)

ではさっそくトリリオンゲーム第1話のあらすじを紹介します。

ネタバレが含まれているのでご注意ください。

ハルとガク、運命の再会

ハル(目黒蓮)ガク(佐野勇斗)はかつて、中学の同級生。

大学生になった二人は、日本最大のIT企業「ドラゴンバンクの採用面接の日、運命の再会を果たします。

天性のコミュ力とハッタリで面接官の心をつかんだハルは、みごとドラゴンバンクに内定。

一方、パソコンのスキルは高いのにコミュ障のガクは不採用になってしまいました。

実は、最終面接の場にいた社長令嬢・桐姫(今田美桜)だけは、ハルのデタラメやガクの資質を見抜いたうえで、2人に◎をつけていたのですが。

ドラゴンバンク内定式の当日、ガクが不採用だったとわかるとハルはすぐに内定を辞退

ハルは、オフィスにいる桐姫の目の前の窓ガラスに、スプレーでI’ll take you all(ドラゴンバンクもおまえも手に入れる)」という宣言を書きなぐります。

何のあてもないのに「ガクと組んで1兆ドルを稼ぐ」と言い出すハル。ガクは驚きながらも、彼についていくと決めるのでした。

トリリオンゲーム社設立と桐姫との駆け引き

2人はトリリオンゲーム社の設立をもくろみ、ダミーの事業計画を作って資金集めに奔走します。

玉砕をくりかえす中で、ハルは当然のように桐姫にアプローチ。ハルはまたしてもハッタリをかまし、ビリヤードで難しい技をやってのけ、桐姫を驚かせました。

その甲斐あって桐姫から「1億円投資する、株式は51%もらう」とオファーを受けますが、ハルはその「51%」が気に入らず、返事を保留。

投資家たちの注目をもっと集めるため、2人は国際的なハッカー大会セキュリティチャンピオンシップ」に出場することに。

チーム名は「桐姫が1億円51%を提示!別の出資案件も急募」(連絡先アドレス付き)というとんでもないもの。

そして始まったオンラインの大会予選。参加者はみんなチームでやっていますが、ひとりで参戦しているガクは必死です。

それをよそに、ハルは居酒屋で盛り上がっています。

しかし最終的にガクを助けたのは、ハルが飲み会で築いた100人のパソコンオタクの人脈でした。

ハルの腕から腕時計がなくなっているのに気づくガク。ハルは飲み会の資金のため、「バイトしまくって」20歳の時に買った腕時計を売っていたのです。涙ぐみ 闘志を燃やしたガクは、100人のオタクの助言を生かしてみごと予選を突破します。

ハルの腕時計のブランドは?

ところでハルがはめていた高級腕時計はどこのものでしょうか?ブランドや商品名を調べてみました。

ハルの時計は、IWC(アイダブリューシー)の「ポルトギーゼ クロノグラフ」です。

IWCは、1868年にスイスで創業した時計メーカーで、正式名称はInternational Watch Company(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)といいます。

ポルトギーゼはIWCの代表的なモデルで、なかでも1995年に登場した「ポルトギーゼ クロノグラフ」は今でも同社のNo.1人気を誇る有名モデルなのです。

大きな文字盤と計算しつくされたデザインで、上品でありながらも強いインパクトを与える時計です。

また、IWCはどんなに古い時計でも修理やメンテナンスを受け付けています。この「永久修理」を行うブランドは高級時計ブランドの中でもごく一部だけで、信頼の証となっています。

20歳の記念に、デザインと質実剛健さを兼ね備えた時計、IWC ポルトギーゼ クロノグラフを選んだハル。「チャラいようでいて、人やモノを見る目があるんだな」と思わせる選択ですね!

\ IWC ポルトギーゼ クロノグラフ/

「セキュリティチャンピオンシップ」

決勝開幕!

決勝当日。世界中から12組の一流ハッカーたちが集まっています。

セキュリティチャンピオンシップを主催するのはドラゴンバンク桐姫の秘書・長瀬(竹財輝之助)らは、桐姫を自分たちの宣伝に利用したハルたちをつぶす気満々です。

大会のルールは、自分のサーバーを守りながら他の参加者のサーバーをハッキングするというもの。

そこへ突然、神主の扮装で現れるハル。大会が始まると同時に、彼はガクに「1分後にログインしろ」と指示し、「お祓い」を始めます。

彼が振り回す棒には銀色のフサフサがたっぷりついています。回線がまともに作動せず、慌てる参加者たち。実は、ハルのお祓い棒がまき散らすアルミの粉末が会場の電波を妨害していたのです。

全力で戦った2人の前に謎の投資家が現れる

一方、ガクは快調にスタートダッシュしています。なぜなら遅れてログインした彼のパソコンは、ハルが用意した別のルーターにつながっていたからです。

電波妨害に気づいたドラゴンバンクのスタッフはハルを取り押さえ、他のチームもつながる回線を見つけて競技を開始します。

観客席には、めちゃくちゃな行動をするハルたちを面白そうに眺め投資家・祁答院一輝(けどういん かずき)(吉川晃司)の姿がありました。

一時、ガクは集中攻撃を受けて大ピンチに陥るものの、ハルの仕掛けが功を奏して逆転優勝を果たします。

しかし結局、2人は電波妨害が問題にされて失格。でも宣伝はできたからOKとケロっとしているハル。

桐姫が2人の後ろ姿を見ながら「私、彼らのこともっと欲しくなっちゃった。絶対あきらめない」とつぶやいているのも知らずに……。

その時、祁答院が「俺がお前らを買ってやるよ」と声をかけてきます。はたして2人は祁答院から資金をゲットできるのでしょうか?

第1話の見どころは主人公やヒロインそのままの俳優陣!

第1話は、テンポの速いトリッキーな展開の中にも、登場人物一人ひとりのキャラクターや関係性がくっきりと描かれています。

とくに次の点が見どころです。

  • 「silent」とは180度違う役になりきった目黒蓮さんの演技
  • 可愛げのあるパソコンおたくにしか見えない佐野勇斗さんの演技
  • 赤いドレスとゴージャスな宝石が似合う今田美緒さんの桐姫っぷり
  • 相変わらず謎めいた役が似合う吉川晃司さん
  • ハルが高層ビルの窓に落書きする特撮シーン
  • オタクでなくても楽しめるハッカーたちの戦い
Keiko

ハルとガクの信頼関係友情がわかるエモいシーンがはさまれてるところも好き!

トリリオンゲーム第1話の口コミ、感想

Keiko

目黒蓮さんの吸引力でみんな「トリリオンゲーム」のリピート確定!?

Keiko

おお、原作を読んだ人も目黒蓮さんが「まんま主人公」だと脱帽してますね!

Keiko

今田美桜さん、目力強いしキリッとしてカッコイイ。ドルチェ&ガッバーナのドレスもよく似合ってますね!

番組情報と見逃し配信

TBSテレビ毎週金曜日 夜10時~(7月14日放送開始)
見逃し配信TVer ほか

まとめ

ドラマ『トリリオンゲーム』は、同名の人気漫画を原作とした痛快なエンターテインメントです。

第1話では、中学時代の同級生だったハル(目黒蓮)とガク(佐野勇斗)がトリリオンゲームという会社を立ち上げ、あの手この手で資金調達しようとする姿が描かれています。

ハル同様ワガママなヒロイン・桐姫(今田美桜)とのやりとりハッカーの大会「セキュリティチャンピオンシップ」での息詰まる戦いも見ものです。

最後に声をかけてきた祁答院(吉川晃司)は、ハルたちの救世主となるのでしょうか

次回も楽しみですね!

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko 編集者・ライター

雑誌記者歴10年以上、書籍制作で発行部数150万部超の編集者・ライターです。テレビドラマや映画、音楽、タレント、俳優、アーティスト等の気になる話題など、私のアンテナが反応した情報をお届けします。

目次