当ページにはプロモーションが含まれています。

目黒蓮のワルが加速!20億持ち逃げ?トリリオンゲーム第5話あらすじ

トリリオンゲーム第5話

「あんたと俺で芸能界を乗っ取る!」

ハル(目黒蓮)は祁答院(吉川晃司)を巻き込み、大手芸能事務所のゴッド・プロモーション(ゴップロ)の買収をもくろみます。

会社のゲーム開発資金、20億円をつぎ込んで……。

それを知ったガク(佐野勇斗)と凜々(福本莉子)は?

桜(原嘉孝)たちとのゲーム開発ははたしてどうなるのか?

この記事では、トリリオンゲーム第5話のあらすじ(ネタバレあり)、見どころ、口コミなどを紹介します。 ハルの衝撃的な行動とガクの決意が交錯する第5話は必見です!

目次

トリリオンゲーム第5話あらすじ

ハル(目黒蓮)と祁答院(吉川晃司)がワルすぎるタッグ結成!

ワルい目をしたハル(目黒蓮)は、祁答院(吉川晃司)に大胆きわまりない提案をします。

大手芸能事務所のゴップロ(ゴッド・プロモーション)を一緒に買収しようというのです。

実は、祁答院はかつてゴップロの敏腕マネージャーでした。しかし「ある事件」を起こして業界を離れ、再起して今があるのです。ハルはそのことも調査済みでした。

あんたと俺で芸能界を乗っ取る!と宣言するハル。

一旦は断った祁答院。

しかし、ハルに事件の真相を見破られた(カマをかけて、本当は無実であることを言わされた)祁答院は、結局、ニヤリと笑って承諾します。

タッグを組もうじゃねえの。俺たちワル2人で」。

まんまと祁答院を巻き込んだハル。いったいどんな秘策があるのでしょうか?

凜々(福本莉子)の怒りとガク(佐野勇斗)の決意

一方、ガク(佐野勇斗)は、トリリオンゲーム社が新設したゲーム事業は、ハルにとって資金集めが目的のダミーだったという事実に悩んでいました。世界の堀本などというクリエイターが実はいないことも。

もちろん、めちゃめちゃはりきっている桜(原嘉孝)とスタッフたちにそんなことは言えません。

そんな中、ハルがゲームの開発資金の20億円を持っていなくなってしまいます。

「会社のためだとしても間違っています!」怒りにふるえる凜々(福本莉子)。ガクはショックを受けながらも、仲間同士でケンカしてほしくないと凜々を説得します。

「ハルくんのの計画からはずれたゲーム事業でとんでもないゲームを作ってみせる。これが僕とハルくんのケンカの仕方」と言うガク。

ガクと凜々は、桜たちにすべてを話しました。怒るかと思われた桜は、ガクの正直さに「お前にはハートがある!」と逆に感動。一同、新しいゲーム開発に前向きになるのでした。

ハッカー・ガクがドラゴンバンクのサーバーに侵入

とはいえ、ゲーム開発の要となるプロデューサーの不在はやはり問題です。みんなの士気にも影響します。

そこでガクは、ひそかにドラゴンバンクのサーバーをハッキングして、本物のドラ娘開発者の情報を盗もうと決意。

しかし、侵入に成功してすべてのデータの閲覧が可能になった時、ガクはどうしてもハルのようなワルになりきれません。

データは一切見ることなく、セキュリティ強化に関するアドバイスを残して画面を閉じたのです。

Keiko

ガク、やっぱり良い人!

桐姫(今田美桜)とガク(佐野勇斗)が遊園地デート?

謎のハッカーに関する報告を受けた桐姫(今田美桜)は、犯人がガクだとすぐに悟りました。

そして、彼女からガクに謎の「遊園地デート」のお誘いが。

楽しく遊んだ後「うちへ来ないか」と桐姫にスカウトされたガクは、もちろん断ります。

それでも桐姫は、ハッキングの成功を秘密にするという暗黙の了解のもと、桐姫はガクにドラ娘の開発者の名前を教えてくれたのです。

ハルは凜々からの電話でそれを知り、心からの笑顔を見せるのでした。

Keiko

白いハルも見られてホッとしました!

ハルはゴップロの神社長(塚本高史)に宣戦布告!

その頃、ハルはひとりでゴップロに乗り込み、社長の神(塚本高史)と対峙していました。

そして、会社をまるごと買収すると宣言。

一度目は偵察だけで立ち去ったハルでしたが、次は祁答院も一緒です。

実は、祁答院にはゴップロに対する強力な切り札がありました。

祁答院は、かつて担当していた人気俳優の氷室がひき逃げをした際、身代わりとなって警察に出頭していたのです。

もしその事実を公表すれば、ゴップロの株は大暴落です。

動揺した神は、株主に「怪しい奴らの買収話を信じるな」と根回ししたり、広告主であるドラゴンバンクの黒龍に助けを求めたり、必死で対抗しようとします。

はたしてハルと祁答院はゴップロを手に入れられるのでしょうか?

そして、ガクと凜々はついに本物のドラ娘開発者、蛇島(鈴木浩介)と面談します。しかし蛇島が望む報酬額はとんでもなく高額。

Keiko

この蛇島さんのキャラが軽くてビックリ!

あきらめようとした2人の前にハルが現れ、持ち前の交渉術で蛇島をコロッと落としてしまいます。

そして彼はにっこり笑ってこう言うのでした。「俺らなら両方やれる。ソシャゲとメディア、両方やっちまおうぜ。だってお前なら勝つだろ」

トリリオンゲーム第5話の見どころ

第5回では、ついにハル(目黒蓮)のダークな面が全開になります。

元々、原作でも「ワルいことに歯止めがきかない」キャラクターなので、本領発揮というところでしょうか。

祁答院(吉川晃司)と共に芸能界に乗り込んでいく今回の見どころは、こちらです。

  • ハル(目黒蓮)のワルいお顔が前面に出てきます
  • ついに明かされる祁答院(吉川晃司)の過去!
  • ガク(佐野勇斗)の変わらない清らかさが尊い
  • 桐姫(今田美桜)とガクが可愛い遊園地デートをします
  • ゴップロ社長、神(←相当イヤな奴)を塚本高史が好演
  • 黒龍一真(國村隼)がまた動き出しそうです

トリリオンゲーム第5話の口コミ・評判

Keiko

吉川さんと目黒さん。朝ドラ『舞いあがれ』での2人をつい思い出しちゃいますね!あの時は大河内教官水島学生でした。

Keiko

昔も今も、ハルはガクの力を認めてるんですよね!

作品情報・見逃し配信

TBSテレビ毎週金曜日 夜10時~
見逃し配信TVer ほか

まとめ

トリリオンゲーム第5話のあらすじや見どころを紹介しました。

ハルが祁答院と共闘してゴップロを買収しようとする一方、ガクは桜たちと最高のゲームを開発する決意を固めます。

桐姫がくれた重要情報のおかげで、ゲーム開発にも希望が見えてきました。

しかし、彼らの行く手にはまたまた厚い壁が立ちはだかりそうです。次回はどうなるか、またまた楽しみですね!

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko 編集者・ライター

雑誌記者歴10年以上、書籍制作で発行部数150万部超の編集者・ライターです。テレビドラマや映画、音楽、タレント、俳優、アーティスト等の気になる話題など、私のアンテナが反応した情報をお届けします。

目次