当ページにはプロモーションが含まれています。

大河ドラマ『どうする家康』の茶々役は誰?人気子役・白鳥玉季の情報

白鳥玉季

透明感あふれる美少女として人気の子役、白鳥玉季さん

多数のドラマや映画に出演してきた白鳥さんですが、2023年のNHK大河ドラマ「どうする家康」茶々役で出演し、ますます注目を集めています。

この記事では、白鳥玉季さんのプロフィールや代表的な出演作品などを紹介。

これからの活躍が楽しみな白鳥さんの情報が、まるごとわかります!

目次

茶々役の白鳥玉季とは?本名、身長、年齢などのプロフィールを紹介

白鳥玉季さんは、トップコート所属の子役です

東京都出身で2010年1月20日生まれ。現在13歳身長は146cmです。本名は明かされていません

趣味は詩を書くこと、本を読むこと。特技は「笑顔」と「バランスボール」です。

白鳥さんは早くも1歳の時に芸能活動を開始し、CMや広告などに出演しました。

ドラマデビューは、2016年のNHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』。この作品では、ヒロイン・常子(高畑充希)の昔の恋人、星野武蔵(坂口健太郎)の娘・星野青葉役を演じました。

その後、ドラマでは2020年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』、TBS日曜劇場『テセウスの船』など、人気作品に多数出演。『極主夫道』では、玉木宏さん演じる主人公・龍の娘・向日葵役で達者な演技を見せています。

映画でも、2016年のデビュー作で本木雅弘さんと父娘を演じたほか、山田孝之さんや役所広司さんなど、さまざまな実力派俳優と共演してきました。

白鳥玉季が茶々役で話題!NHK大河ドラマ『どうする家康』に出演

白鳥玉季さんは、2023年のNHK大河ドラマ『どうする家康』で、少女の茶々を演じています

茶々は、信長の妹・お市(北川景子)と浅井長政(大貫勇輔)の間に生まれた長女で、のちに豊臣秀吉(ムロツヨシ)の側室・淀殿となり、秀頼を産む重要な人物です。

歴史上の人物、しかも「織田家の血を引く気高き女性」という役どころに挑戦する白鳥玉季さん、その演技に注目です!

作品情報・見逃し配信(大河ドラマ どうする家康)

NHKテレビ日曜日夜8時~8時45分(放送期間 2023年1月8日から12月まで)
見逃し配信NHKプラス、NHKオンデマンド ほか

\ もう一度見たい人、見逃した人は是非! /

ドラマ『御手洗家、炎上する』で主人公・永野芽郁の少女期を演じる

白鳥玉季さんは、話題のドラマ『御手洗家、炎上する』にも出演し、主人公(長野芽郁)の少女期を演じています。

『御手洗家、炎上する』はNetflixで2023年7月13日から独占配信されているサスペンスドラマ。

13年前の火災事件の真相を暴くため、家政婦として御手洗家に潜入する村田杏子(永野芽郁)と、御手洗家の後妻である真希子(鈴木京香)の対決を描いています。

原作は藤沢もやしさんの人気漫画で、あらすじは以下の通りです。

代々病院を経営する裕福な一家・御手洗家は、自宅兼医院が全焼するという不幸な事件に見舞われます。

火事の原因は御手洗治の妻、皐月の火の不始末とされ、皐月は責任を取って離婚、2人の娘を引き取って御手洗家を去っていきます。

その13年後、村田杏子という若い女性が山内しずかという偽名を名乗り、家政婦として御手洗家を訪れます。

出迎えたのは、セレブ妻として華やかに暮らす御手洗家の後妻、真希子

採用されて働くことになった杏子ですが、彼女の御手洗家潜入には、ある目的があったのです。

放映日2023年7月23日からNetflixで配信開始
出演者永野芽郁/工藤阿須加/中川大志/恒松祐里/北乃きい/
濱田マリ/小西桜子/吉瀬美智子/及川光博/鈴木京香/白鳥玉季 ほか

映画『流浪の月』で主人公・広瀬すずの幼少期を演じる

白鳥玉季さんが注目された作品のひとつに、前述の2022年5月公開の映画『流浪の月』があります。

『流浪の月』は、松坂桃李さんと広瀬すずさんのダブル主演作品。白鳥さんは、広瀬すずさん演じる主人公・家内更紗(かないさらさ)の幼少期を演じました。

『流浪の月』は、本屋大賞を受賞した凪良ゆうの小説が原作。あらすじは次のとおりです。

叔母の家に引き取られていた10歳の家内更紗 (さらさ)‘は、家に帰る気になれず、ひとり雨の日の公園にたたずんでいました。

そこで出会った孤独な大学生の文 (ふみ)は、彼女に同情し、自分の家に連れていきます。文の家で温かい時間を過ごした更紗は、初めて「自分にも居場所がある」と感じます。

しかし2ヵ月後、文が誘拐犯として捕まってしまい、2人の幸せな日々は終わってしまいまます。

15年後、恋人と暮らしていた更紗は、偶然にもカフェを経営する文と再会することになります。

作品情報・見逃し配信(映画:流浪の月)

公開日2022年5月13日
上映時間150分
出演者広瀬すず/松坂桃李/横浜流星/多部未華子/趣里/
三浦貴大/白鳥玉季/増田光桜/内田也哉子/柄本明 ほか

白鳥玉季のかわいい画像やインスタグラムが人気!

白鳥玉季さんは、インスタグラムで撮影現場やプライベートなどの写真を公開しています。

お茶目だったり、ちょっぴり大人びていたり、いろいろな表情を見せている白鳥さん。共演者と一緒に笑顔で映っている写真も、ほのぼのして良い感じです。

ファンからは「可愛すぎる」「演技とても上手で引き込まれた」「応援してます」などのコメントが寄せられています。

白鳥玉季の口コミ評判・感想

Keiko

凪のお暇』でお母さんと2人暮らしのクールな小学生を演じた玉季ちゃんも印象的でした。大きくなりましたね~。

Keiko

他にも、玉季ちゃんの茶々を楽しみにしている視聴者がたくさん!

Keiko

放映後の評判も上々です!「母上の無念は私が晴らします。茶々が天下をを取ります」。茶々、おそろしい子……。秀吉ムロさんを見る玉季ちゃんの目、凄みがありました。

放映されると、白鳥さんの演技力にお茶の間は騒然となりました。どこが凄かったのか『どうする家康』の各場面を振り返って検証してみた記事がこちらです。

まとめ

白鳥玉季さんは、2023年放送のNHK大河ドラマ『どうする家康』で、のちに豊臣秀吉の側室となる茶々役を演じて話題になっています

1歳の時に芸能活動を開始し、すでに多数のドラマや映画に出演してきた白鳥さん。

2022年の「流浪の月」で、広瀬すずさんが演じた主人公の幼少期役でも評判になりました。

可愛いルックスと演技力で多くのファンを魅了している白鳥さん、今後の活躍がますます楽しみです。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko 編集者・ライター

雑誌記者歴10年以上、書籍制作で発行部数150万部超の編集者・ライターです。テレビドラマや映画、音楽、タレント、俳優、アーティスト等の気になる話題など、私のアンテナが反応した情報をお届けします。

目次