当ページにはプロモーションが含まれています。

『光る君へ』子役キャスト一覧!まひろ・三郎(道長)・花山天皇ほか

光る君へ子役キャスト

「最近のNHKドラマは子役の人選がうまい」と評判です。

2024年の大河ドラマ『光る君へ』でも、子役たちの存在が光っています。

幼少期のまひろの熱演、三郎(道長)の穏やかなたたずまい、師貞親王(花山天皇)の振り切ったパフォーマンス、そしてまひろの弟・太郎の迫真の泣きの演技。

この記事ではそれらのキャラクターを演じている子役のプロフィール、主な出演作品、演技の魅力、SNSでの評判などを紹介します。有望株の彼らをチェックしておけば、この先、ドラマや映画がもっと楽しくなるかもしれません!

目次

子役の演技が『光る君へ』ファンを増やした?

2024年のNHK大河ドラマ「光る君へ」は、平安時代中期を舞台に、源氏物語の作者、紫式部の生涯を描いた作品です。主人公のまひろ(紫式部)と後の最高権力者、藤原道長との特別な絆を中心に、当時の政治や文化が生き生きと描かれ、平安時代のイメージを覆す「スリリングな展開」が話題になっています。

放送開始とともに、SNSには「大河ドラマ、面白い」「これからも見る」「楽しみ」という投稿があふれました。「幼少時代がもっと長くてもよかった」という声も。子役たちの頑張りは『光る君へ』の人気獲得にかなり貢献しているようです。

Keiko

ドラマの設定に気乗りしなかった人の気持ちまで変えてしまうなんて、スゴイ!でも、その気持ちわかります。

それではいよいよ、物語を彩った子役たち(キャスト)を紹介していきます(新しく出てきた子も随時追加します)。それぞれ、出演作品は一部のみ載せています

紫式部/まひろの幼少期役:落井実結子(おちい みゆこ)

可愛さと感情豊かな演技が評判

大河ドラマ『光る君へ』で、幼い頃から利発なヒロイン・まひろ(紫式部)の幼少期を演じた子役は、落井実結子(おちい みゆこ)ちゃんです。

3歳直前と子役デビューが早かった実結子ちゃんは、大河ドラマへの出演は2度目。『鎌倉殿の13人』では、源頼朝と政子の娘・大姫の幼少期を演じ、許婚の源義高を慕う愛らしい演技と、その彼が自分の父親のせいで命を落とすという哀しい展開が涙を誘いました。

彼女の演技力への評価は高く、とくに感情表現の豊かさに定評があります。

『光る君へ』でも、可愛い笑顔や、藤原道兼に母・ちやはを殺害され、激しく泣きながら父に抗議するまひろの姿に心動かされたという人が多数。

落井実結子プロフィール・出演作品

名前:落井 実結子(おちい みゆこ)
生年月日:2014年3月14日
年齢:現在9歳(2024年1月時点)
所属事務所:ギュラ・キッズ

主な出演作品
ドラマ:
「この恋あたためますか」(2020年)、「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」(2021年)、「カナカナ」(2022年)、「鎌倉殿の13人」(2022年)、「光る君へ」(2024年)
映画:
「話す犬を、放す」(2016年)「今日も嫌がらせ弁当」(2019年)「AI崩壊」(2020年)「母性」(2022年)
CM:
セガトイズ、ニチバン、ニチレイ、カゴメ、ハウス食品、日本マクドナルドなど

藤原道長/三郎の幼少期役:木村皐誠(きむら こうせい)

柄本佑になっても違和感なし

NHK大河ドラマ「光る君へ」で、少年時代の三郎(後の藤原道長)を演じているのは木村皐誠(きむら こうせい)くん。彼は14歳の中学生(2024年1月現在)です。

皐誠くんは6歳で芸能界にデビューして以来、ドラマ、映画、舞台、外国映画の声優も務めるなど幅広い活動を展開しています。

そして今回、『光る君へ』で、温厚な性格の三郎をさわやかに演じ、大人になった三郎の柄本佑さんと見た目や雰囲気がそっくりなことでも大きな話題になりました。

彼の演技については、ヒロイン・まひろ役の吉高由里子さんも、藤原道長役の柄本佑さんも絶賛しています。

吉高も「小さいころの三郎くんは『なんでこんな雰囲気が出せるんだろう』と思った。大人の三郎にそっくりですよね」と柄本に話を振る。柄本も「本読みのときにごあいさつさせてもらったのですが、似ています。雰囲気も説得力もあったので嬉しいです」と称賛する。

出典:https://www.cinematoday.jp/news/N0140459

木村皐誠プロフィール・出演作品

名前:木村 皐誠(きむら こうせい)
生年月日:2009年9月15日
年齢:14歳(2014年1月現在)
所属事務所:アットプロダクション
デビュー作品:2015年放送のドラマ「リアルホラー〜槍〜」

主な出演作品
テレビドラマ:
「35歳の少女」(2020年)、「嫌われ監察官 音無一六」(2022年)、「黙秘犯」(2022年)、「光る君へ」(2024年)
映画:
「オズランド」(2018年)、「狂武蔵」(2020年)、「約束のネバーランド」(2020年)、「ホムンクルス」(2021年)、「大怪獣のあとしまつ」(2022年)
吹き替え:
「プーと大人になった僕」、「グリンチ」、「ワンダヴィジョン」、「犬王」、「クルエラ」、「インディ・ジョーンズと運命のダイヤル」、Disney+「パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々」
舞台:
「渡る世間は倍返し!!」(2015年)、「ミュージカル 忍たま乱太郎〜第9弾〜」(2018年)、「かくりよの宿飯」(2018、2019年)
CM:
公文、バンダイ「仮面ライダーグミ」、マクドナルド「ハッピーセット」、雪印メグミルク「さけるチーズ」など

花山天皇(師貞親王)の幼少期役:伊藤駿太(いとう しゅんた)

これは間違いなく本郷奏多の幼少期だ!

伊藤駿太(いとうしゅんた)くんは、円融天皇の甥で東宮(皇太子)の師貞親王(もろさだしんのう)、のちの花山天皇(かざんてんのう)の幼少期を演じました。

彼は、教育係になった藤原為時(まひろの父)と対面すると、いきなり蹴ったり、すごい変顔をしてみせたり、ゴロンと横になったり。1分足らずの出演でしたが、その演技は多くの視聴者に強いインパクトを与えました。

成長した師貞親王(花山天皇)を演じているのは本郷奏多さんですが、本郷さんの怪演にすんなりつながる、はじけた演技でした。

Keiko

Xには同様の意見が数えきれないほどありました!

数多くの作品に出演して達者な演技を見せている駿太くん。『光る君へ』に出た彼を見て、「あの作品に出てたあの子だ!」と驚いている視聴者も複数いました。

伊藤駿太プロフィール・出演作品

名前:伊藤駿太(いとう しゅんた)
生年月日:2010年10月25日
年齢:13歳(2014年1月現在)
所属事務所:クラージュ・キッズ

主な出演作品
テレビドラマ:
「砂の塔〜知りすぎた隣人」(2016年)、「トットちゃん!」(2017年)、「グッド・ドクター」(2018年)、「恋はつづくよどこまでも」(2020年)、「二月の勝者-絶対合格の教室-」(2021年)
映画:
「僕だけがいない街」(2016年)、「ある男」「ばあばは、だいじょうぶ」(2019年)、「NO CALL NO LIFE」(2021年)
吹き替え:
「ホーンテッドマンション」(2023年)
Web配信ドラマ:
「ミス・シャーロック」(2018年)、「二月の勝者〜胸騒ぎの自習室〜」(2021年)
舞台:
ミュージカル「バケモノの子」(劇団四季)

まひろの弟・惟規/太郎の幼少期役:湯田幸希(ゆだ こうき)

8歳ながらりっぱな演技派!

まひろの弟、太郎の幼少時代を演じた子役は湯田幸希(ゆだ こうき)くんです。後に惟規(のぶのり)と改名する太郎は、のんびり屋で、優秀な姉とは違って勉強嫌いの子どもです。

幸希くんは、2016年(1歳ぐらい!)からCMやバラエティ番組などに出演し、テレビドラマへのデビューは2019年。以来、さまざまなドラマ、映画、CMに出演してきました。

今回演じた太郎役は4歳の設定ですが、幸希君の「リアルな幼児」の演技がうまいと評判になりました。

Keiko

高杉真宙さんの「あーねーうーえー」に通じるものがありますね!

もっとも話題になったのは、母の亡骸を前に泣きじゃくる場面でした。

Keiko

他にも同意見多数。私もすごいと思いました。今までに見た「泣く子役」でダントツ1位

Keiko

たった6年でこんなに成長してしまう太郎。でも二人とも可愛いから許されてます。

湯田幸希プロフィール・出演作品

名前:湯田幸希(ゆだ こうき)
生年月日:2015年6月10日
年齢:8歳(2024年1月現在)
趣味:読書、体を動かすこと
所属事務所:スマイルモンキー
特技:暗記、ボクシング

主な出演作品
テレビドラマ:
NHK大河ドラマ「光る君へ」(2023年)、NHK Eテレ「スピーク・ロー」(2023年)、TX ドラマスペシャル「ペルソナの密告 3つの顔をもつ容疑者」(2023年)、NTV「家庭教師のトラコ」(2022年)、スターチャンネル「5つの歌詩『第4話 何度でも 』」(2022年)、EX オシドラサタデー「俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?」(2022年)
映画:
「空はどこにある」(2020年)、「RAIN DROPS」(2021年)、「私たちの声」(2023年)
CM:
日清オイリオ(2023年)、アガツマ「ドラえもんしゃべるスマートウォッチ」(2023年)、日本マクドナルド「ハッピーセット トムとジェリー」(2023年)、花王「メリーズ」(2016年)、ダイハツ「タント」(2019年)

一条天皇(懐仁親王)の幼少期役:石塚陸翔(いしづか りくと)

将来はイケメン決定!?

円融天皇(坂東巳之助)と藤原詮子(吉田羊)の間に生まれた懐仁(やすひと)親王の幼少期を演じているのは、石塚陸翔(いしづか りくと)くんです。

懐仁親王はのちの一条天皇ですから、重要な役です。やがてこの一条天皇のもとへ道長の娘・彰子が入内し、彰子にまひろが仕え、紫式部として名を馳せることになるのです。

成長した一条天皇を演じるのはイケメンのほまれ高い塩野瑛久(しおの あきひさ)さん。それもふまえて選ばれたであろう陸翔くんは当然可愛いです。

Keiko

『ファーストペンギン!』と『真夏のシンデレラ』で陸翔くんが演じていたお母さんと二人暮らしの元気な男の子役が印象に残ってます。

Keiko

こんなに幼いのに、懐仁親王は、父の円融天皇と祖父の藤原道兼のかけひきの道具にされてしまうのです……。

石塚陸翔プロフィール・出演作品

名前:石塚陸翔(いしづか りくと)
生年月日:2015年4月10日
年齢:8歳(2024年1月現在)
特技:空手
所属事務所:テアトルアカデミー

主な出演作品
テレビドラマ:
『ファーストペンギン!』、『おとなりに銀河』、『真夏のシンデレラ』、『君が死ぬまであと100日』、『BLドラマの主演になりました』、『春になったら』、『光る君へ』
映画:
『約束のネバーランド』
CM:しまむら「超COOL ラグ・敷パッド」、ボルタレンファブリーズ、オートバックス、ファイザー製薬「肺炎球菌ワクチン追加接種啓発」、HONDA「N-BOX」

藤原定子の幼少期役:木村日鞠(きむら ひまり)

帝の后になるべく育てられているお嬢様

藤原道長の兄である道隆の娘定子(さだこ)の幼少期を演じるのは子役の木村日鞠(きむら ひまり)ちゃんです。日鞠ちゃんは小さな頃から舞台を中心に活躍してきましたが、テレビドラマの出演も増えています。

第1回で、道長の父・兼家が大喜びで抱っこしていた赤ちゃんが、ここまで成長しました。教養あるしっかり者の母・高階貴子(たかしなのたかこ)は、「将来の帝の后に」と期待される定子の教育に力を入れています。将来の帝とは、詮子の息子である年下のいとこ、懐仁やすひと親王(のちの一条天皇)のことです。

大人になった定子は期待通り一条天皇の后となり、仲睦まじい夫婦となります。でも、その先には厳しい試練が待ち受けているのです。

Keiko

ちなみに成人後の定子を演じるのは高畑充希さんですが、プロフィール写真を見ると、日鞠ちゃんはお顔立ちが似てる感じ。

木村日鞠プロフィール・出演作品

名前:木村日鞠(きむら ひまり)
生年月日: 2015年2月21日
年齢: 8歳(2024年1月時点)
出身地: 東京都
趣味・特技: 空手、マラソン、歌、ダンス、徒競走
所属事務所:劇団東俳
家族: 兄は同じ事務所所属の木村海音

主な出演作品
映画
『陰陽師0』(2024年)
テレビドラマ
「どうする家康」(2023年)、「大奥 Season2」(2023年)、「ハヤブサ消防団」(2023年)、「大河ドラマが生まれた日」(2023年)、「invert城塚翡翠 倒叙集」(2022年)、「Re:member〜サイカイ〜」(2022年)、「白い濁流」(2021年)
舞台
『激流ノ果テー再演ー』(2023年)、『夢のうらしま物語』(2023年)、新国立劇場オペラ『蝶々夫人』(2022年)、『白雪姫』(ローセン役、2022年)、『ピノッキオ』(2021年)、新国立劇場オペラ『アルマゲドンの夢』(2020年)、『銀河鉄道の夜』(2020年)、『赤ずきん』(2019年)
CM
ジョンソンアンドジョンソン キズパワーパッド「医薬品質編」(2021年

一条天皇(懐仁親王)の幼少期役2代目:高木波瑠(たかぎ はる)

ちょっと大きくなった懐仁親王

円融院のただ一人の皇子、懐仁(やすひと)親王は、母・藤原詮子(吉田羊)のもとでスクスク成長しています。

2代目の子役、高木波瑠くんの初登場はわずかな時間でしたが、くるんとした大きな目で心配そうに母を見守る表情が印象的でした。

Keiko

登場を楽しみに待っているファンがいました!波瑠くんは『青天を衝け』にも出演していたんですね。

Keiko

CM情報も。Xを見ていると、ファンが増殖中なのがわかります。

Keiko

子役さんたちは成長を見守る楽しみをくれますよね。私は昔、歌舞伎でその感覚を知りました。「あらー大きくなったわ」って、親戚のおばちゃん気分。

高木波瑠プロフィール・出演作品

名前:高木 波瑠(たかぎ はる)
生年月日: 2014年4月1日
年齢: 9歳(2024年2月時点)
出身地: 東京都
所属事務所:スペースクラフト
2018年 BEST KIDS AUDITION2018でグランプリ 受賞 
2020年小学館小学一年生2020モデルグランプリ受賞

主な出演作品
テレビドラマ:
『テセウスの船』『危険なビーナス』『青天を衝け』『ナイト・ドクター』『プロミス・シンデレラ』『夕暮れに、手をつなぐ』『彼女たちの犯罪』『紅さすライフ』『新空港占拠』『光る君へ』
映画:
『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』『おとなの事情~スマホをのぞいたら~』『劇場版 ホリミヤ』『おとななじみ』
TVアニメ+実写作品:
『ゴー!ゴー!キッチン戦隊クックルン』
雑誌:
主婦と生活社「CHANTO」講談社「テレビマガジン」小学館「小学一年生」2020年度モデル グランプリ

まとめ

NHK大河ドラマ『光る君へ』に出演する魅力的な子役たち……落井実結子ちゃん、木村皐誠くん、伊藤駿太くん、湯田幸希くん、石塚陸翔くん、木村日鞠ちゃん、高木波瑠くんの役柄、評判、プロフィール、出演作品などを紹介しました。

それぞれしっかりした個性があり、演技と真剣に向き合っていて、プロだなあと感じます。

どの子も出演作品が多いので、「あのドラマやあの映画に出ていた」と答え合わせができたり、どんどん成長するようすを見られるのも楽しい点ですね。

これからますます活躍しそうな彼らに注目していきたいと思います!(適宜、更新します)

※『光る君へ』の登場人物の関係や全体像を知りたい方はこちら↓

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko 編集者・ライター

雑誌記者歴10年以上、書籍制作で発行部数150万部超の編集者・ライターです。テレビドラマや映画、音楽、タレント、俳優、アーティスト等の気になる話題など、私のアンテナが反応した情報をお届けします。

目次