当ページにはプロモーションが含まれています。

『光る君へ』藤原道兼役がハマりすぎの玉置玲央は損か得か エモいSNSも紹介

光る君へ藤原道兼役玉置玲央損した?得した?

大河ドラマ『光る君へ』の藤原道兼役で話題沸騰の玉置玲央さん。

彼はその優れた演技力でバイオレンス道兼を演じ、お茶の間を震え上がらせました。

玉置さんは、一方で、X(旧ツイッター)の中で「道兼の中の人」として生の声を届け、「エモい」と評判になっています。

道兼を演じたことは、環さんにとって損だったのか?得だったのか?

玉置さんが演じている藤原道兼の役柄や、Xでの彼の投稿、やファンの反応などから検証してみたいと思います。

『光る君へ』を見ている人、これから見る人の予習復習にも使えます。ドラマの激しい展開にドキドキしている人も、この記事で少しほっとしてもらえますように。

目次

玉置玲央が『光る君へ』の道兼役で注目された理由は?

「愛に飢えたバイオレンスな藤原家の次男」がうますぎる

2024年1月から始まった『光る君へ』は、平安時代中期を舞台に紫式部の生涯を描く大河ドラマ。このドラマでは、紫式部の生涯のソウルメイトが藤原道長という設定で、その次兄、藤原道兼を演じているのが玉置玲央さんです。

この道兼が大変な問題児で、どうかすると演じた人にとってイメージダウンになりそうな役柄なのです。

以下、第1回と第2回の道兼の行動を簡単にふりかえります。(ネタバレあり。キャストは敬称略)

[第1回]道兼、衝撃の初登場

実の兄弟でありながら、道兼(玉置玲央)は道長(柄本佑)につらく当たります。その裏にはコンプレックスや寂しさが渦巻いているのですが、彼の理解者はいません。虫の居所が悪いというだけで、道長に暴力をふるうこともしばしばです。

ある日、いつものように弟をいじめていたのを母に叱られ、何が悪いのか理解できない彼は、イライラしながら外出します。そして、ちょっとしたいざこざの末、カッとなってヒロイン・まひろ(吉高由里子)の母(国仲涼子)をひと突きで刺殺してしまうのです。

この展開だけでも衝撃的ですが、返り血を浴びたまま家に戻った姿を「道長に見られたか?」と感じた道兼=玉置さんの形相のすごさは、視聴者の度肝を抜きました。中には、「見るのがつらい」と離脱をほのめかす声も……。

[第2回]父のむごい命令

6年後。道兼は、父の兼家(段田安則)から、帝に体を弱らせる薬を飲ませろと命じられます。実は、兼家は道兼の事件を知っていて、自ら隠ぺいしたというのです。彼は「お前は家の名を血で汚し、自分の手も汚させた」と道兼に圧力をかけます。元々、その一件がなくても道兼に汚れ役をさせるつもりでいたのですが……。

そうとは知らない道兼は父に詫び、自分を認めてもらうために父の命令を承諾するのです。

自分の出世と家の繁栄のため、次男の道兼に泥をかぶせようとする、非情な兼家。必死にそんな父の歓心を買おうとする道兼の表情が、哀しい親子関係を浮き彫りにしていました。

リアルすぎる表情と演技にふるえた視聴者たち

単に自己中で乱暴なだけではなく、こじらせたプライドやら承認欲求やら、父への思慕やら、いろいろなものを抱えたドラマの中の道兼。

演技巧者の玉置玲央さんがあまりにリアルに演じたため、視聴者からはこんな声が挙がりました。

Keiko

あら?「クレイジー」「ムカつく」「怖すぎる」と言いつつ、楽しんでいる気配が……。

清廉なイイ人からクズの自己中キャラまで!玉置玲央の演技と存在感

玉置玲央さんは1985年生まれ。「劇団柿食う客」という劇団に所属する俳優です。

近年は舞台以外にも活躍の場を広げ、初出演の映画『教誨師』で演じた「自己中の死刑囚役」で高い評価を得ました。

数々のテレビドラマにも出演、NHKでは朝ドラ『花子とアン』『おかえりモネ』、ドラマ10『大奥シーズン2』などの他、『光る君へ』で3度目の大河ドラマ出演を果たしています。

本人は「クズの役が得意」と語っていますが、『大奥』で演じた正義感あふれる黒木良順役も素晴らしく、彼の慟哭シーンでは多くのファンが共に泣きました。

Keiko

私も玉置さんは「大奥のイイ人、黒木さん」のイメージが強かったので、今回の道兼は同一人物とは思えません。でも、演じた数が多いのはクズの方なんですね……。

大奥シーズン2をよく知らない方はこちらをどうぞ。玉置さんの役柄がわかります。↓

この記事の医療編のあらすじや感想で、玉置さんについて筆者が熱く語っています↓

あの道兼とは真逆!玉置玲央のエモいSNS(X)を解剖

前述のあらすじからもわかるように、『光る君へ』での藤原道兼の登場シーンには笑顔やなごやかなムードはなく、ずっと不穏な、張りつめた空気が漂っています。

ところが、SNSをチェックすると、そんな空気を一気にゆるませ、笑顔を誘う投稿が見つかります。それが、玉置さんのXへのリアタイ(リアルタイム)投稿です。

玉置玲央@Xの一番盛り上がった投稿はこちら

玉置玲央さんの投稿でもっともバズったのが、第1回の地上波での放送終了直後につぶやいた、こちらの言葉でした。

あの前田敦子さんのセリフをもじって、これからも『光る君へ』を見てほしいと訴えた玉置さん。このポスト(投稿)は2万以上の「いいね!」を獲得し、リプライも多数集まりました。

投稿で心が癒されるという声も

また、番組を観ながら、「道兼が非道なことをするたびに、玉置さんのXでのつぶやきを見てホッとしてました」との声もあります。確かに彼の演技はうますぎて、リアルな危険人物を見ているような気分になりますが、そんな視聴者に心の逃げ場を与えたのはグッジョブですね。

では、実際に玉置さんはどんなことをつぶやいたのでしょうか?さかのぼって主なポストをピックアップしてみましょう。

玉置玲央のリアタイ投稿のつぶやきがエモい!

第1回放映時のつぶやき

放映開始後、玉置さんの第一声は「はじまりました!」続いて「ユースケさん晴明大好き」と、冒頭にバーンと登場したユースケサンタマリアさんへの愛を表明しました。

道兼の兄・道隆を演じる井浦新さんをホメてます。

弟役の柄本佑さんをボコったシーンの後の謝罪。

円融帝を演じる坂東巳之助さんをホメてます。

的をはずしたシーンの後、本当は弓が上手いんだと主張。実際、玉置さんは運動全般が得意でいらっしゃるそうです。

共演者へのリスペクトが伝わってくるし、視聴者目線で心から放送を楽しんでる感じがいいですね!

その後、「段田さんかっけーなー」「野呂さん本多さん最高」「先輩方の芝居が天下一品や」と共演者ボメが続き、ドラマはクライマックスへ。

衝撃のラストの直後、「道兼のことは嫌いになっても……」の名ポストが生まれたのです。

第2回放映時のつぶやき

第2回のリアタイ投稿も元気にスタートしました。

まず、顔が黒い藤原実資の秋山さんをホメてます。
次に、成長したまひろ(吉高由里子)と弟の惟規(高杉真宙)のシーンなど、ほっとする場面になると、本音がダダもれになります。

Keiko

仲良くする相手もほんわかするシーンもなくてかわいそう!

この後、父の兼家に汚れ仕事を命じられるシーンでは、「ち、ちちうえ……?」「ちちうえー!!」「なんなのこのドラマー」と、道兼になりきって自分の境遇を嘆いています。そして、かなわぬ願望を口にするのです。

Keiko

ちなみに、この日一番たくさんの「いいね!」を集めたのは、「俺もほんわかしてぇよー」でした。ですよねー。

「道兼は嫌いだけど好き!」ファンの気持ちもフクザツ

ファンからの反応も面白いものがたくさんあります。

一番多いのは、玉置さんのポストを踏まえて、少々ひねった形で彼の演技を賞賛する声です。

演技とXのつぶやきとのギャップ萌えの声。

Xには、「スペース」という音声を使ったリアルタイムの交流の場もありますが、玉置さんはそこで撮影の裏話なども公開しているもよう。リスナーには誰でもなれるので、気軽に参加してみるのも楽しそうです。

Keiko

「三郎君」とは少年時代の道長=三郎を演じた木村皐誠くんのことですね。

X効果で玉置ファン、番組ファンが増加中?

Xの中で、玉置さんは、番組の関連情報もきめ細かく提供してファンに感謝されています。ファンへの配慮とプロモーションへの意識が高さがうかがえますが、これは劇団の一員として自ら宣伝したり、チケットを売ってきた経験からでしょうか?

Keiko

再放送情報もだいじですものね!

Keiko

嫌な奴なのは役の上だけ。みんなそう思ってます!

Keiko

玉置さんのリアタイ投稿を見ながらのドラマ視聴を楽しみにする人も多数現れました。

Xでシェアされた玉置玲央の動画インタビュー

Keiko

インタビューでもとっても自然体でいいですね!ユースケ・サンタマリアさんが好きなんだ、そうなんだ(笑)

玉置玲央さんは結局損した?得した?

結局、玉置玲央さんは『光る君へ』で藤原道兼役を演じて得したことの方が多かったといえそうです!

玉置さんは、この役を演じて、幅広い人物を演じ分ける演技力の確かさを、多くの人に知らしめました。また、その人柄がしのばれるエモ可愛い投稿新たなファンを獲得し、大河ドラマファンに「玉置さんのリアタイ投稿とセットで観る」という新たな楽しみを提供しました。

問題のある役柄を補って余りあるイメージアップ力です!玉置さん本人も得しましたけど、番組も得しましたよね。

まとめ

『光る君へ』の藤原道兼役で注目を集める玉置玲央さんについて、その役柄や、盛り上がっているXのポスト(投稿)の内容などをまとめました。

調べるほどに、シャープな風貌やドラマの中でのイメージを裏切る、親しみやすく楽しい人柄が伝わってきました。これからの活躍がますます楽しみです。

そして玉置さんのつぶやき効果で、『光る君へ』を楽しく見られるファンが増えたことは間違いありません。これからの道兼がどうなっても、きっと番組を嫌いになる人は(あんまり)いないでしょう!

『光る君へ』の超わかりやすい相関図・キャスト解説が読める記事はこちらです↓

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko 編集者・ライター

雑誌記者歴10年以上、書籍制作で発行部数150万部超の編集者・ライターです。テレビドラマや映画、音楽、タレント、俳優、アーティスト等の気になる話題など、私のアンテナが反応した情報をお届けします。

目次