当ページにはプロモーションが含まれています。

古川雄大がNHKドラマ大奥2023の瀧山役で大正解な5つの理由

古川雄大ドラマ大奥

古川雄大さんは、2023年秋のNHKドラマ10『大奥 シーズン2 幕末編で、最後の大奥総取締・瀧山役を演じています。

よしながふみさん原作のこのドラマで、瀧山はものすごーく!重要かつ魅力的な役です。演じた人がハマるかどうかで、ドラマのクオリティも変わるくらいの存在です。

今回、古川雄大さんが瀧山のキャストに選ばれたのは大正解といえます。

この記事では、ドラマ『大奥』シーズン2や瀧山についての情報とともに、なぜ古川雄大さんが瀧山役にぴったりなのかを解説していきます。SNSの評判などもお伝えします。

ドラマが始まる前の予習として、ドラマを観た後の復習として、古川さんの魅力をたっぷり味わってください!

目次

古川雄大出演の『大奥シーズン2』はいつからいつまで?

NHKドラマ10『大奥』(原作・よしながふみ)のシーズン2は、2023年10月3日(火)から12月12日(火)まで続きます。

このドラマシリーズは、男女逆転の江戸パラレルワールドという奇抜な設定ですが、現代にも通じる問題を扱った人間ドラマとして高く評価されています。

Keiko

私も大好きな作品です!原作も全巻読破してます!

2023年1月放送のシーズン1では、3代将軍家光(堀田真由)から8代将軍吉宗(冨永愛)までの物語が描かれました。

今回のシーズン2は「医療編」と「幕末編の2部構成です。

古川雄大さんが出演するのは「幕末編」のほう。吉宗の遺志を引き継いだ医師たちが『赤面疱瘡(あかづらほうそう)』の根絶に挑む姿や、女将軍家茂や幕府の人々が“江戸城無血開城”を目指す姿などが描かれます。

幕末の動乱期に、大奥の人々はどう生きるのでしょうか?そして、古川さん演じる大奥総取締・瀧山はどんな運命をたどるのでしょうか?

古川雄大が演じる『大奥』の瀧山とはどんな人物?

瀧山とは「大奥最後の御年寄(おとしより)」といわれた実在の人物。14歳で大奥に入り、その才覚が認められ、将軍付御年寄として13代将軍家定と14代将軍家茂に仕えました。

Keiko

御年寄とは、大奥の女中の中でも位が高く、将軍や御台所(みだいどころ)に直接会うことができる女性なのです。

普通ならもちろん女性が演じる役ですが、このドラマは「男女逆転大奥」なので、男性の古川さんが瀧山を演じます。

NHKドラマ10『大奥』の中の瀧山は、元々武士の子息。少年の頃に家が取り潰され、陰間(かげま)茶屋に売られて男娼として働いていました。

そこで老中・阿部正弘(瀧内公美)と出会い、知性と人柄を見込まれて大奥に入ることになります。 頭脳明晰で武術にたけた瀧山は、正弘に深く感謝し、彼女とともに幕府と将軍を支えるべく力を尽くしていくのです。

古川雄大が大奥シーズン2の瀧山役にハマってる5つの理由

その1 古川雄大の中性的な美貌が瀧山にピッタリだから

古川雄大さんが瀧山役にふさわしい理由の1つ目は、瀧山の役にピッタリな美貌の持ち主だからです。

今回のドラマ『大奥』で、瀧山は「女性と間違えられそうな美貌の男性」という設定。美形であっても、あまり男くさい雰囲気の俳優はマッチしません。

その点、古川さんは二重の大きな目、長いまつ毛に特徴があり、写真のような長髪でメイクした姿にも違和感がありません。

原作ファンも納得の瀧山を見せてくれるでしょう。

その2 瀧山のような陰のあるキャラクターが似合うから

理由の2つめは、古山雄大さんが、陰のある複雑な人物像にもマッチする俳優だからです。

このドラマの瀧山は身売りされた過去があり、その背景には不幸な家庭の事情がありました。

大奥』には心に傷をもつ人々がたくさん出てきますが、瀧山もそのひとりです。

しかし、彼はそれでも明るさや勉学への意志を失わず、高い知性や洞察力、人を見る目も持ち合わせています。

古川さんは、2020年のNHKテレビ小説『エール』ではトランスジェンダーの音楽家・御手洗清太郎を演じて話題になりましたが、御手洗も同じように多面性を持つ人物でした。

Keiko

主人公の妻である音(おと/二階堂ふみ)のミュージックティーチャー・御手洗は、エキセントリックでややコミカルな人ですが、実はつらい過去もあったり、留学先のドイツ文化の影響があったりします。

ほかにも、女子大生と恋に落ちるヤクザ(『恋と弾丸』)など、さまざまな「ワケあり」の人物を魅力的に演じてきた古川雄大さん

そうした経歴から見ても、瀧山という重要なキャラクターを魅力的に演じてくれるのは間違いないでしょう。

その3 瀧山の天然ぶりも天然で演じられるから

理由の3つ目は、古川雄大さんが、瀧山の天然なところを自然に演じられるからです。

原作で描かれている瀧山は、頭は切れるし、ここぞという時には人としての迫力を前面に出しますが、本人の意識しないところで人をクスッとさせる、可愛げがあります。

そして古川さん自身も天然キャラだともっぱらの評判です。

そういう点でも、古川さんの個性が瀧山という役に生かされるのは間違いありません。

古川さんの「天然」について、ファンはこんな言葉を寄せています。

Keiko

天然も含めて、いや天然だからこそ、ますます愛されてるんですね!

こちらの動画では、よく人から「天然だよね」と言われることに対して、本人がコメントしています。

「自分は天然じゃないと思ってて」「ダメだな……こういう奴が天然なんですけど」「天然の瞬間をつくる時があります」など、考えをまとめるのに苦労されているようです。

Keiko

説明はよくわからないけど、謙虚さやまじめさが伝わってきますネ!

その4 視聴者が特定の役柄のイメージに邪魔されないから

理由の4つめは、古川雄大さんに特定の役柄の色がついていないことです。

したがって視聴者は、ほかの役柄のイメージに邪魔されず、古川さん演じる瀧山を純粋に味わうことができます。

ドラマ、映画、ミュージカルなどで多彩な役を演じてきた古川雄大さん。

正統派の王子様(『ロミオ&ジュリエット』)、悪魔(『黒執事』)、黄泉の帝王(『エリザベート』)、性格の悪い農協職員(『下町ロケット』)、ヤクザの若頭(『恋と弾丸』)、トランスジェンダーの音楽教師(『エール』)、弟への愛が深すぎる兄(『私のお嫁くん』)、怪しい会社員(『ハヤブサ消防団』)等々。

まさに変幻自在、どんな役にもなれる人です。「男女逆転大奥の瀧山」に扮した古川さんも、違和感なく視聴者に受け入れられるでしょう。

その5 古川雄大は大奥の瀧山という役を深く理解しているから

古川雄大さんが大奥の瀧山役にハマっている理由の最後は、古川さん本人が作品や役柄としっかり向き合い、理解していることです。

大奥シーズン2のキャスト発表時のコメントで、古川さんは、大奥シーズン1を一ドラマファンとして見ていたこと、よしながふみさんが描く人間ドラマに強い感銘を受けたことも明かしました。

瀧山は身を売られた過去を持つも、運命的な出会いによってその後、大奥総取締まで上り詰めた頭脳明晰で武術に長けた男です。

人を見抜く厳しい目を持ちますが、自分が認めた人物にはとことん愛情を注ぎ、天然で少し可愛らしい面もあります。

原作において重要な役割を担う瀧山という役に向き合うにあたり、スタッフの皆様に沢山話し合いの時間をかけていただきました。

撮影までのすべての工程を綿密に、そして高い熱量で推し進めていく「大奥」チームに、改めて身が引き締まる思いでおります。

(中略)

魅力あふれる瀧山を丁寧に演じ、皆様の心に響く作品になりますよう精進して参ります。ご期待下さい。」

出典:https://www.nhk.jp/g/blog/puwgm-1rfdfj/

古川さんの作品に対する敬意と理解が伝わってきますね。

そしてこちらは特別インタビューの動画です。

Keiko

ちなみに、瀧山は原作の漫画では13巻から登場します。瀧山を見出す阿部正弘がまた素敵な人物なんですよ。

大奥シーズン2「古川雄大の瀧山役」の評判は?

古川雄大さんが『大奥シーズン2』の瀧山役に決まったことが発表されると、X(旧ツイッター)などのSNSにも喜びと期待の声が殺到しました。

原作をよく知った上で「古川さんでよかった!」と喜んでいる人が多い印象です。

Keiko

悪魔に魂売ってでも見たかった!なんと熱いお言葉でしょう。

Keiko

古川さんの瀧山に、「生きててよかった」とまで……。

Keiko

このキャスティングはシーズン1の吉宗役、冨永愛さんに匹敵するかもしれませんね。

Keiko

私も古川さんの花魁姿、楽しみです!
(視聴後の追記)お似合いでした。色気と品がありました♡

Keiko

本当に繊細な演技で、見れば見るほど味わいが増しますね。

大奥シーズン2 瀧山(古川雄大)のロケ風景を紹介

Keiko

瀧山の恩人であり、尊敬する上役でもある阿部正弘役の瀧川公美さん。オフショットでも良い雰囲気の二人です!

Keiko

瀧山と胤篤(天璋院)の緊張感のある関係は、ストーリーが進むにつれて変化していきますが、舞台裏ではとっくに仲良し。古川さんと福士蒼汰さんは、同じ事務所なのに初共演とは意外です。

Keiko

古川さん、猫好きだったんですね!

Keiko

優しく芯の強い家茂、ヤンチャな和宮(親子)、ちょっと不器用な天璋院、イロイロと振り回される瀧山。舞台裏でもいい雰囲気ですね!

まとめ

2023年10月3日から始まったNHKドラマ『大奥シーズン2』、その「幕末編」で、古川雄大さんが「瀧山」役のキャストとして大正解である理由を5つ挙げました。

『大奥シーズン1』も完成度が高く、原作の世界を忠実に表現していただけに、シーズン2にも期待が高まります。古川雄大さんの瀧山にどんな感動をもらえるか、とても楽しみです!

『大奥シーズン2』の魅力がさらにわかる関連記事も、ぜひご覧ください。

よかったらシェアしてね

この記事を書いた人

Keikoのアバター Keiko 編集者・ライター

雑誌記者歴10年以上、書籍制作で発行部数150万部超の編集者・ライターです。テレビドラマや映画、音楽、タレント、俳優、アーティスト等の気になる話題など、私のアンテナが反応した情報をお届けします。

目次